賢く選べば生活が快適に!機能性カーテンあれこれ

まず取り入れたい遮光カーテン

カーテンは部屋の印象を決める大切なインテリアのひとつです。デザインや長さをじっくりと選ぶのが重要ですが、特殊な機能を持ったカーテンもありますので、うまく生活に取り入れてください。特殊なカーテンの代表的なものが遮光カーテンです。その名の通り、屋外からの光をさえぎるカーテンで、昼間に睡眠時間を確保する生活リズムの人に適しています。遮光カーテンを閉めれば、昼間であっても夜のように暗い室内にできるので安眠できます。

紫外線をカットするカーテンは美容にも役立つ

特殊な機能を持ったカーテンには、紫外線を通さないタイプのものもあります。部屋のなかに差しこむ紫外線は、床や家具、本などの日焼け(変色)を引き起こします。大切な本や絵画がある部屋に紫外線をカットするタイプのカーテンをつけると、明らかに劣化を遅らせられます。また、紫外線は人体にも影響を与えます。日常生活では気にしすぎる必要はありませんが、モデルなどの職業をしている人などは肌の状態をよく保つためにこのタイプのカーテンを使用する例があります。

防音カーテンで静かな環境を作ろう

電車の線路や大通りのそばに住宅があったり、近所のペットの鳴き声など、なにかと音が気になる環境はよくあります。そんなときは防音のカーテンを検討してください。完全に静かにするのは難しいですが、騒音をある程度軽減することが期待できます。また、自宅内でなんらかの音を発生させている場合(ペット、楽器演奏など)も、防音カーテンを利用すると外部への音漏れが多少は抑えられます。集合住宅など、住まいが密集している環境では特に効果が期待できますよ。

風通しの良いカーテンが必要な場合には、特殊な形状のカーテンを利用することになります。そこで、ひもカーテンを活用していけます。