代理店ってどんな仕事!?仕事内容を紹介!!

広告代理店の仕事内容って!?

広告代理店という言葉は良く耳にしますが、具体的な仕事内容などを知っている方はどれくらいいるでしょうか。広告は私達の生活にとってなくてはならない存在ですよね。そんな広告を扱う広告代理店の仕事内容について紹介します。広告代理店にもいくつかの仕事があり、営業の仕事はいろんな職種のクライアントに広告や企画を提案していく仕事です。テレビやラジオ、新聞や雑誌などの広告枠を売ったりイベントを企画することでクライアントにあった広告していく仕事ですよ。

営業の他の仕事内容とは!?

広告代理店の営業の仕事は、クライアントに広告や企画を提案する仕事の他に、クライアントに広告を受注してもらうためにありとあらゆる営業活動を行っています。大きな仕事から小さな仕事まで仕事内容は様々ですが、新聞の折り込みなどを作るのも仕事の一つです。クライアントの商品を考えて広告に落とし込み、実際の売り上げの向上や企業の印象をアップさせることで、クライアントと二人三脚になり、行っていく仕事が広告代理店の営業の仕事内容ですよ。

リサーチも大切な仕事!!

広告代理店の仕事はクライアントが宣伝したい商品や内容を世の中に宣伝するためのサポートをするとても大切な仕事です。そのために、宣伝費はいくらかけることができるのか、ターゲットの顧客層はどの年代なのかをしっかりとリサーチすることもとても大切な仕事です。クライアントと上手にコミュニケーションを図りながら、効果的な宣伝方法を提案し、各展開方法で世の中にクライアントの情報を発信していきます。そのために様々な業界の知識や営業能力などが必要になりますよ。

販売店との違いとは、販売店が商品を仕入れ在庫を抱えてビジネスを行うのに対し、代理店はメーカー、商社の代理として何かを販売する事です。