知らなかった!意外と簡単にできてしまう、自営業の始め方

誰でも一度は憧れる自営業!

「ご職業は?」「はい、自営業です。」このようなやり取りを耳にして、いつかは自分も自営業を営みたい!と、思った方は多いのではないでしょうか?そうですよね!なんといっても自営業=社長ですから、社会に出た人にとって、一番のステータスと言っても過言ではないでしょう!しかし、一言に自営業と言っても、従業員を雇うような組織的会社を営む人もいれば、個人で運営している個人事業主といった形態も自営業です。従業員を雇う程の仕事量はなくとも、独立して生活できる収入を得れるのであれば、個人事業主として自営業をスタートするのも一つの方法と思いますよ。

会社登記は専門職に依頼するもの?

組織的会社を始めるには登記しなければなりませんので、面倒な資料提出は確かにあります。特にこういったお役所関係の資料などに使われる言葉は、理解しがたくて読んでいるうちに頭痛が起きそうになりますよね!ですが、ここまでインターネットが普及している世の中では、検索キーワードを試行錯誤して諦めずに検索すれば、登記に関する提出資料を、自分で揃える事は可能です。仮に資料不備で多少の再提出があったとしても、専門職に依頼するよりは、約半額、場合によってはそれ以下での設立が可能になります。個人事業主に関しては紙切れ一枚の数か所に記入し、それを提出するだけでOKです。

始める事は簡単!しかし、そこから難しいのが自営業…

前述のとおり自営業を「始める」事のハードルは低いです。ですが、一度スタートしてしまうと途中でリタイア出来ないのが自営業の苦しいところです。従業員がいれば、その家族の生活まで背負って会社を運営しなければなりません。個人事業主だからといっても、材料費の支払いなどがあり、個人の都合で廃業するわけには行かなくなりますよね!何事にも波はあるもので、好調な時もあれば不調な時もあります。自営業を始めようとしている方の多くには、好調な時のイメージを多く抱いてる方が多いと思いますが、不調な時に耐えれる程のメンタルを持っているのか、自問自答してから始める事が良いでしょう!

フランチャイズとはチェーン店の展開方式の一つで、一定の金額を払って加盟店となることで本部店舗から販売権を与えられるシステムです。