数ある代理店!その仕事内容について知ろう

保険代理店の仕事内容について

色々な業種で代理店という名前を聞くことがあると思います。しかしこの代理店とはどのような仕事をしているのだろうと疑問に思う人もいるでしょう。ここではいくつかの代理店の仕事内容について紹介します。そもそも代理店とは何かというと、メーカーや仕入先などと契約を結んで発売などの権利をもらって営業することをいいます。まず1つ目に保険代理店があり、保険会社と契約を結んで保険商品を販売しています。保険商品の説明や契約、解約、変更など様々な手続きを行うことができます。

旅行代理店の仕事内容について

代理店でも良く耳にするのが旅行代理店だと思います。旅行の際に知らないうちに利用している人もきっと多いですよね。旅行代理店は旅行業者が企画や提案した商品などを代理で販売しているのですよ。仕事内容は主にカウンターでの接客となります。お客様の希望する商品を探したり、航空券やホテルの手配、チケットの発券などが一般的な業務となります。代理店では旅行会社が提案したツアー商品などを取り扱っているという事になりますね。

広告代理店の仕事内容について

代理店というと広告代理店を思い浮かべる人も多いでしょう。広告業界は華やかなイメージがあるので働いてみたいと考えた事がある人も多いかも知れないですよね。広告代理店は広告を出したい広告主と広告を掲載したい広告掲載主との間を仲介する仕事をしているのですよ。しかし最近では広告の企画や製作なども行っています。このように代理店は様々な業種に存在しており、代理店と名前がついていても仕事内容は異なっているのですよ。

代理店の募集では、全国各地に営業マンを配置し多くの顧客に対して販売できるので売り上げを増加させることができます。