自分と家族を守る!プライバシー流出を避ける方法

パソコンに気を付ける事が大切

個人情報の中には自分の既往歴や経済状況など人に知られたくない情報が存在しています。そうした情報を知られないようにするためにもプライバシーの流出に気を付けるようにしましょう。特にパソコン上にプライベートな情報を保存していた場合、ウイルスに感染した時に危険です。ウイルスの中には特定のファイルをダウンロードせずページを開くだけで感染するものがありますので、そこからデスクトップのファイルが流出してしまうのです。こうした問題を避けるためにもパソコンに個人情報は保存しないようにしましょう。

他人経由でプライバシーが流出する

例え自分自身のパソコンがウイルスに感染しなかったとしても、自分の知り合いのパソコンが感染するリスクは常にあるものですよね。そうした場合、もしも相手に自分のプライベートな写真を送っていたら危険が大きいのです。あまり多くの人達に閲覧されたくない写真が世界中に拡散してしまいます。そうしたトラブルに見舞われないためにも、データで人に自分の写真を送るのは避けましょう。あるいは例え拡散しても問題のない写真だけ送るようにしましょう。

SNSの危険性を考える

インターネットによってプライバシーが流出してしまうケースは多様に存在していますが、最もトラブルを発生させやすいのがSNSです。SNSには個人的な写真だけでなく学歴や職歴を書き込んでいる人が少なくありませんので、そうした情報が流出した場合あっと言う間に日常生活が破壊されてしまいます。例えSNSに鍵をかけて特定の人しか閲覧できないようにしていたとしても、友人経由で情報が漏れてしまう事がありますので注意しましょう。できるだけ自分の日常に関わる情報はアップしない事が大切です。

機密文書は適切に処理をしてから廃棄をしないと情報が漏れることがあるので、溶解などで処理が可能な業者に依頼をすると良いでしょう。